つみきの家

お気に入りの物件を見つけるためにも不動産会社は慎重に選びましょう

中国地方第2の都市

粘土の家

4つの行政区と特徴

岡山市は中国地方第2の都市で、2009年には人口が70万人を突破し、政令指定都市になっています。鉄道や道路網で四国とも結ばれた交通の要衝であると同時に、製造業やサービス産業の中心でもあり、さまざまな種類の不動産が取引されています。他方、郊外には農地や閑静な住宅地が広がり、現在でも人口の増加傾向が続いています。岡山市には北区・中区・東区・南区の4つの区があり、そのうち最も面積が広く人口が多い北区には、人気の高い不動産が集中しています。人口増加率も高く発展が続いている地域で、大型商業施設なども次々に建設されており、生活至便なことが人気の理由のひとつです。また医療施設が整っていて、老後も安心して住める点が高評価を得ています。北区といっても非常に広く、場所によっては交通の便が不十分なことがあるため、不動産を購入するなら目的を考える必要があります。一戸建てを建てたり、中古で購入したりする場合は、必ずカーポートなどの駐車場が完備された物件を選ぶようにしましょう。もし、家族で2台以上の車がある場合は、複数台車が停められる場所を確保しなければなりません。1階を全て駐車スペースとし、居住スペースを2階以上に設ける方法も有効です。岡山の不動産業者に相談すれば、駐車スペースを確保しながらも快適に生活できる物件を紹介してくれるでしょう。また、物件選びに困ったときや資金プランに不安があるときは、満足度が高いと岡山で好評の業者を選ぶと安心して任せることができます。