つみきの家

お気に入りの物件を見つけるためにも不動産会社は慎重に選びましょう

相場価格の把握が大切

室内

建物を建築する際には、自らが保有する土地の上に建物を建設する場合もあります。これに対して、他人が保有する土地の上に建物を建設する場合があります。この場合には、建物を建築する人は建物部分とともに借地権を取得することになります。借地権とは、借地借家法と呼ばれる法律によって認められる権利です。また借地権が付されている土地のことを底地と呼びます。借地権付きの土地がある場合には建物を所有した上で借地権を所有している人、これに対して土地の所有者は底地権を有している状態になります。この状態であれば、借地料を毎年土地所有者に支払うことになります。この状態で建物建築した場合に、後々借地権者が底地の買取を行いたいと思うことが多くあります。この場合には土地所有者と建物を建築した人と相談して底地を買い取ることになります。ここで大切となるのが、まずは不動産会社に相談した上で土地所有者と話を進めていくことです。土地所有者がその土地を売るつもりがあるのかないのか、また金額の如何によっては売るつもりがあるのかといった意向を相談する必要があります。またその際には建物を所有している人は、その土地の相場価格がいくらなのかということを把握することが必要となります。この相場価格を基にして借地権の部分を割り引いて、底地価格の合意に向けて念頭に置く必要があります。適正な価格が決まれば、あとは土地所有者との合意に向けて相談を続けていくことが大切となります。